マンションで家庭菜園

マンションでガーデニングする

マンションでガーデニング

マンションのベランダでガーデニングをするのにはメリットとデメリットがあります。メリットは1階でないかぎり隔離された空間ですので、害虫や病気にかかりにくいという事、草むしりなどする必要もなく、ドアを開ければすぐに水やりや手入れが出来ること、南や東向きであると日当たりが良いという事です。デメリットは日当たりが良すぎたり、風が強いこと、肥料の種類によっては匂いでゴキブリやネズミが寄って来てしまう事です。ですが、よしずやグリーンカーテンで強すぎる日当たりを和らげ、風よけを作ってあげることで花や葉が乾燥から守れ、化成肥料を使用することで害獣を阻止できます。マンションでのガーデニングには背の低い、葉が沢山あって次々と花を咲かせる物がお薦めです。また、ハーブやナスピーマントマトなどの野菜も良いでしょう。

ベランダは万能で素晴らしい場所

マンションのベランダは洗濯物を干すのに便利ですが、その他にもさまざまな活用法があります。ガーデニングを楽しんだり、バジルやミントなどといったちょっとした家庭菜園をすることも可能なので、空いたスペースを有効活用出来ます。緑が増えることでリラックス効果にも繋がるので、ストレス解消にもなってとても良いです。また、家具を置いたり床にタイルなどを敷いたりして自分が好きなようにアレンジが出来るので、お洒落な空間をつくれます。部屋の中から見ても楽しめますが、椅子や机を置けば、天気が良い日にはマンションにいながら景色を眺めてゆっくりとした時間を過ごせます。

↑PAGE TOP